カスタマイズ その1

2014.02.08 Saturday

自転車のカスタマイズ。これも楽しみ方のひとつだと思います。

自分だけの自転車を作りたい!!ちょっと気分を変えたい!!なーんて思ったらやってみてはいかがでしょうか。

僕なんかは、

カスタムし過ぎて、原型がなくなってしまった。

ということが何度もあります。

今回カスタムするのはこちらのクロスバイク。ようやくまともなクロスバイクです(笑)

これが、一般的なクロスバイクです。

DSC01506

さてこちらのクロスバイク、どのようなカスタムをするのか…。

ドロップハンドルにして、ロードバイクっぽくカスタムしていきます。色合いも考えながら…。

大きい変更はハンドル部分。こちらです。

DSC01510

まずは作業しやすいように、メンテナンス台に自転車をセットします。

DSC01508

さて、みなさんここからどうすると思いますか?

単純にハンドルだけを交換すればいいわけではないのです。

クロスバイクというのは、基本的にはマウンテンバイク用のパーツで構成されています。

それをロードバイクっぽくするためには、ロードバイク用のパーツを使う必要があるのです。

変速機など、互換性がほとんどないのです。この「ほとんど」というところが実はポイントだったりするのですが…。

それはさておき、全部のパーツをバラバラにしていきたいと思います。

僕は自転車を組みなおすときは一度分解して洗浄することにしています。

徹底的に洗浄することで、カスタムが出来上がった時に

また、新たな気持ちで乗れますからね。

やはり見た目がいいですし、気分が違います。

自転車のパーツをほとんど外すとこんな感じになります。

DSC01512

ここまでバラバラにしたら戻せなさそうですよね(笑)

実は僕も最初危うかったです。

何度も失敗を繰り返していき、覚えていきました。

フレームを磨いて、パーツも全部洗っていきます。

一通り終了すれば、完成イメージを持たせるためにもハンドルを装着します。

DSC01513

全体像が見えてきましたね。

これが新しくつけたハンドルです。

DSC01515

これはまだまだカスタム序盤です。

これから、各パーツをつけて、ワイヤー張って完成なのですが、今日はここまでにしておきます。

ぼちぼちゆっくりやっていきますねー。

したっけ!